ポストで産まれてしまった針子たち。2か月後の様子。(白ブチラメ幹之サファイア系チャレンジ③)

こんにちは!みと助です( ^ω^ )

 

すっかりメダ活が忙しくなってしまい、なかなかブログの更新ができませんでした…。

届いた卵がポストの中で産まれてしまってから2か月が経ちました。

前回の記事はコチラ

 

現在の様子とポストで産まれてしまったことによる弊害もありましたので報告します。

 

 

最終的に産まれた針子

ヤフオクで購入した卵は25+αということでしたが、最終的に産まれたのを確認できたのは21匹でした。

 

 

とりあえず産まれてよかったのですが、弱ってしまった個体もいるのかその後も少し落ちてしまう子もいました。

最初は本当に白ブチラメ幹之サファイア系の卵なのかを検証したかったのですが、徐々にちゃんと育てることができるのかが焦点になってきました(笑)

 

 

2か月後の個体を紹介

さて、もったいぶっても仕方ないので、現在の子たちを紹介していきます。

 

ちゃんと育ってくれた(´;ω;`)

 

最終的に育ったのは15匹でした!

過酷な状態で産まれながらも、半分以上は育ってくれました。

ただし、卵が25+αであったことを思えばあまりいい結果とは言えませんよね…。

 

しかし、種類に関しては白ブチラメ幹之サファイア系でした!

 

ちょっとアップの写真。

 

個体差はありますが、しっかり青いラメが乗ってくれている子もいます。

ちゃんと雌雄がいれば次世代も残して行けそうです( *´艸`)

 

ってことで次は横見。

 

横もラメがびっしり。

 

 

ちゃんとオスメス両方いそうです!

白ブチラメ幹之サファイア系から三色の子達も産まれるという噂も聞きましたし、これからもしっかりと増やしていきたいと思います。

 

特別な状況下で産まれてしまった弊害の話

次はおそらくポスト内で産まれてしまったために生じてしまった弊害の話です。

弊害といっても大したことはないのですが…

写真を見てもらえばわかると思います。

 

まる~ん。

 

僕たちダルマ。

 

半ダルマが2匹、他にも若干胴が短そうな子がいます

2割以上も普通体型でない子が出てしまったのは、少なからず高水温下で産まれてしまった影響があるのではないかと思われます。

僕が購入したのは5月中旬でしたが、暑い時期に卵を購入するのはあまり良くない結果を生むかもしれません。

少なくともメール便で受け取るのは避けた方が無難だと感じました。

 

いぜれにせよ妻はダルマが大好きなので、不幸中の幸いと言えるかもしれません(笑)

 

 

まとめ

・25+αの卵から21匹孵化、15匹成長、内2匹以上ダルマ体系。

・暑い時期の卵での購入は自己責任。メール便は避ける。

 

とりあえず今回の購入は種類については本物でしたが、結果としてはやや残念な結果となりました。

やはりメダカの購入は、多少高くとも信頼のおけるプロから生体を購入するのが間違いないと言えそうです。

今回の記事を通して、自分自身良い勉強になりました。

メダカを飼われてる皆さんにも多少なりとも参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

見ていただきありがとうございます!コメントもお気軽にどうぞ!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください